CONCEPT コンセプト

ニューノーマル時代の
ワークプレイスに。

コンセプトページトップ画像

コワーキング、ミーティング、会議、高集中、リチャージ
のシーンも順次公開予定です。

企業のアイデンティティと
ホスピタリティを体現

自社のワーカーだけでなく、クライアントや外部スタッフも出入りする開かれた空間であり、企業の印象を大きく左右する重要な役割を担っています。

働き方改革やコロナ禍でのテレワークへの移行など、「働き方」そのものが大きく見直されてきています。「働き方」が変われば、「オフィスの在り方」「オフィスづくりの考え方」も変わり、昨今では特に「ABW(Activity Based Working)」の導入が浸透してきました。

「ABW」とは、ワーカーそれぞれの活動内容(アクティビティ)に合わせ、その活動に適した専用の環境をワーカー自らが選びとっていくワークスタイル戦略です。そのため、各空間の目的に寄り添える家具選定もポイントで、オフィスでの家具の重要性がさらに高まっています。

そこで今回の『ATICvol.8』では、「ABW」を軸に、エントランス・ミーティングスペース(オープン/クローズ)・コワーキングスペース(テーブル/ソファ)・高集中ブース・リチャージスペースと独自カテゴライズし、オフィスづくりに特化して展開していきます。

これまで業務用家具メーカーとして、オフィスはもちろん、カフェ・レストラン・ホテルなど、あらゆる分野の空間づくりに携わる中で培ってきた経験や思考を活かし、ユニークで使いやすく、新しい働き方に応える家具をご提案。最適な「ABW」を描き出します。

ENTRANCE エントランス

エントランス

企業のアイデンティティと
ホスピタリティを体現

自社のワーカーだけでなく、クライアントや外部スタッフも出入りする開かれた空間であり、企業の印象を大きく左右する重要な役割を担っています。

そのため、まずは企業のアイデンティティや姿勢を体現できるユニークなアイテムを、エントランス家具としてご提案します。オリジナリティに溢れ、思わず心惹かれる存在感が、訪れるたびに高揚するような、前向きな気持ちで進んでいけるようなエントランス空間を創出。企業の顔とも言える空間を有効活用し、企業理解へとつなげます。

また、真心でお出迎えし、歓待の気持ちを伝えられるのがエントランスなので、座り心地も非常に重要です。レストランやホテルなど、おもてなし空間の家具づくりで培ってきた経験を活かし、包み込むような座り心地で、ホスピタリティを体現します。そして、ニューノーマルな時代に求められるソーシャルディスタンスへの配慮にも対応。エントランス空間の特性・強みを最大限に発揮し、一歩入った瞬間から、企業の価値を高めていきます。