ADAL ADVISER FOR AMENITY LIFE

SDGs

SDGsへの取り組み
持続可能な世界を実現し、次の世代に引き継いでいくことは、私たちの責務です。
企業活動や組織の在り方を通じて、持続可能な社会を実現していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。

>SDGsとは? | 外務省 JAPAN SDGs Action Platform
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html
SDGsポスター

環境負担低減に努めた工場での取り組み

弊社は(一社)日本オフィス家具協会JOIFA ※以下JOIFA 認定の、「合法性・持続可能性に係る事業者認定」を取得し、グリーン購入法を順守することにより、循環型社会構築に向けて、企業としての社会的責任を果たすべく、環境負荷低減に努めます。
SDGs グリーンマーク

グリーン購入法適合を示すJOIFA「グリーンマーク」

具体的には、自社開発製造品を含む全ての取り扱い商品に対して、 設計・製造・使用・廃棄というプロセスにおいて、下記のような環境負荷低減にむけた取り組みを行っております。
SDGs 工場の取り組み

設計

1.強靭でロングライフ

家庭で使う家具と異なり、不特定多数の人々が長時間使うことを考慮し、JOIFAガイドラインに基づく、ハードな使用を想定した強度構造設計をしております。具体的には、斜線ホゾという独自の木部接合方法や、業界の標準を遥かに超えた高い水準の強度試験を実施しております。

2.サステナブルな素材、商品を採用

より地球環境への負荷が低く、持続性の高い素材の活用を推進しています。 中でも”い草”を使った商品の開発に注力しており、海外への展開も推進しております。

製造

1.FSCやPEFC認定取得した木材を使用

国際的な合法伐採認証規格である、FSCやPEFC認定取得した木材を使用することで、植林から伐採まで、木材資源の循環的使用の枠組みに準じております。
 環境負荷の少ない物品の購買を促進する法律であるグリーン購入法に適合した事業者認定を取得しました。

2.省資源化を考慮

ウレタンチップやMDFなどの再生素材を積極的に活用したり、椅子生地の裁断には、自動裁断機を使うことにより、歩留まりを最大化するなどして、限られた材料を最大限活用しています。

3.残材を活用した取り組み

歩留まりを最大化しても出てしまった残材は、家具内部の補助部材として再活用したり、オリジナルのノベルティグッズをデザインしたり、残材や梱包材を活用した子どもたちの教育活動に協力したりしています。

4.作業環境・地球環境への配慮

水性塗料の活用や、溶剤を使用しない粉体塗装を積極的に使用することにより、作業環境や地球環境に配慮しております。

使用

1.張替やアフターメンテナンス

ロングライフな商品を設計製造しておりますが、椅子生地など外観の消耗品に関しては張替や木部の再塗装など、アフターメンテナンスも積極的に行っております。

2.シックハウス対策

ベニヤ、塗料、接着剤など、低ホルムアルデヒドのものを使用しております。また弊社が注力している素材である”い草”には、二酸化窒素、ホルムアルデヒドを吸着し空気を浄化する機能があり、ご使用いただく環境を健康的に保つ効果があります。

廃棄

使用済みの家具についても、JOIFAガイドラインに基づき適切に処理しております。 使い切った木材の残材に関しては、チップ状に粉砕し、提携先の農家に供給したり、煙がほとんど出ない環境配慮型の焼却炉で燃やした熱を、木材乾燥窯の熱源として再利用しております。

ICTを活用した女性の就労・社会進出支援

5 ジェンダー平等を 10 人や国の不平等をなくそう

結婚、出産、育児などの理由で通常勤務が難しくなった女性社員に対して、インターネットを通じて自宅で就労することができる働き方を導入致しました。持続的に女性の就労・社会進出を強く後押し致します。

結婚、妊娠、出産、育児など女性の様々なライフイベントと自身のキャリアを両立できる働き方を推進しています。昨今のコロナ禍でニューノーマルという言葉が生まれ、社会全体の働き方にも大きな変化が訪れました。オフィスに通うことが前提の勤務スタイルから、webを活用した新たなコミュニケーションスタイルが確立されてきて、テレワークによる在宅勤務を導入致しました。実際にこのスタイルで通常勤務の時と同等に活躍している女性社員もおります。

今後も長く働きやすい「新しい働き方」を模索、実践し、継続していきます。

SDGs ICTを活用した女性の就労・社会進出支援

い草を使用した製品の開発・製造販売により、地域環境に貢献

8 ジェンダー平等を 12 人や国の不平等をなくそう 13 人や国の不平等をなくそう

日本では、い草(畳)に1500年の歴史があることをご存知でしょうか。 い草莚(むしろ)は弥生時代から使われており、古事記(720年)には“畳”の記載があるそうです。

い草には下記のような機能特性があります。
・悪臭、有害物質を吸着する機能
・部屋の湿度を調整する機能
・汚れにくく、燃えにくい特性
・香りにリラックス効果
・強靭で高い耐久性

太古の人々も、肌でこのい草のチカラを感じていたのかもしれません。

SDGs い草を使用した製品の開発・製造販売により、地域環境に貢献

残材を捨てずに再利用した、新たなアイテム

12 人や国の不平等をなくそう

家具を製作する際、どうしても生じてしまう残材。 その残材を利用し、生活に役立つ新たなアイテムを作っています。

自社工場にて日々製作している椅子、テーブルやソファーの製作過程では、実に様々な材料を使用します。

まずは木材。家具の骨組みとなるような太くて長い木材や、テーブルの縁に使う細くて長い縁材、天板部分に必要な薄くて大きな突板等、家具には様々な木材を使用しています。

次に、椅子生地。布、人工レザー、本革はもちろん、キルト加工された生地、クッションの役目を果たすウレタン、綿なども使用します。

SDGs 残材を捨てずに再利用した、新たなアイテム